スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

    ミステリ・カードゲーム 「犯人は踊る」 ルール公開

    0

      (※抜け追記:カードを4枚ずつ配ります)


      ミステリ・カードゲーム
       犯人は踊る

       頒布価格:1000円
       頒布数:300(予定)

      ルールの公開です!この作品はゲームマーケットで頒布します。
      「シンプルで楽しくて奥深い、何度でも遊びたくなるゲーム」
      そんなゲームを作りたいといつも思っています。
      カードも一部公開していますので、合わせてチェックしてみてください。

      ------------------------------------------------------------------------------------
      鍋野企画では作品の頒布よりも前に、必ずルールを公開することにしています。
      内容物もできる限り紹介しています。

      どんなゲームなのかわからないけど、イラストやテーマが好きで買ってみて、
      やっぱり自分には合わないなあ・・・ってなると悔しいですよね。
      いや、同人ゲームはその悔しさこそが醍醐味!という方もいらっしゃるかもしれませんが(笑)

      いつも十分な数を頒布できるわけではないので、なるべく多くの人とゲームが幸せに出会えるようにと思っております。
      次回はカード全10種を公開します!

      (文章・鍋野ぺす、イラスト・鍋野たま)
       
      posted by: 鍋野企画 | 犯人は踊る | 22:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

      ゲームマーケット秋の新作 犯人は踊る ルールとカード紹介

      0


        鍋野企画よりゲームマーケット2013 秋の新作の紹介です
        ※入稿完了しました!なにも問題なければお届けできます!!

        タイトル
         ミステリ・カードゲーム
         犯人は踊る

        プレイ人数:3〜8人
        プレイ時間:15分〜30分 (慣れるともっと早いかも)
        頒布価格:1000円
        頒布数:300(予定)
        頒布数を多めに設定したので、今回事前予約は行いません。ご了承ください・・・。

        ルール
         カードを1人に4枚ずつ くばります
         第一発見者からゲームを始めます
         カードを1枚出し、出したカードに書かれたアクションを行います
         次の人の番です(時計回り)

        勝利条件は 
         ・探偵が犯人をつきとめた時
         ・犬が犯人をあぶりだした時
         ・犯人が最後まで逃げ切った時

        アリバイカードと犯人カードを両方持っている人は、犯人ではありません。
        手札が移動するアクションのカードがたくさんありますので、犯人はコロコロ変わります。
        以上!

        探偵カードで犯人をあてる楽しさ、
        犯人カードを持ってしまったときのスリル、
        手札移動系のカードを使った時の悲鳴、
        そんなシーンを意識しながら作ったゲームです。

        ご質問あればどんどんどうぞー。
        (文章・鍋野ぺす イラスト・鍋野たま)









        posted by: 鍋野企画 | 犯人は踊る | 23:04 | comments(2) | trackbacks(0) | - |

        ゲームマーケット秋の新作 犯人は踊る 鋭意製作中

        0


          鍋野企画よりゲームマーケット2013 秋の新作の紹介です
          ※製作中ですので、確実に秋に出せる保証はいまのところありません・・・

          タイトル
           ミステリ・カードゲーム
           犯人は踊る

          プレイ人数:3〜8人
          プレイ時間:15分〜30分 (慣れるともっと早いかも)

          内容としては・・・
          ゲーム開始時に配られる4枚の手札を駆使して犯人を追い詰めます
          カードの中には「犯人」とか「アリバイ」とか「第一発見者」とかがあります
          犯人になってしまっても最後まで見破られなければゲームに勝つことができます
          ちなみにカードの効果によって犯人役はコロコロと変わります

          最近の人狼の盛り上がりを感じて、
          ミステリなゲームを自分が作るとしたらどんな感じかなあと作り始めた作品です
          このためなぜか犬が出てきます(笑)

          このほか2013秋は
           王さまのマカロン
           王さまとカフェ
           ゲーム袋(秋)
          を持っていく予定ですが、殺人的なスケジュールに追われております
          なにかをあきらめるとなると、この作品とゲーム袋になりますのでご了承ください…。

          がんばります!
          (文・鍋野ぺす イラスト・鍋野たま)
          posted by: 鍋野企画 | 犯人は踊る | 00:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - |