スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

    ハネムーン ウィズアウト ア ゴースト

    0

      こんにちは、鍋野企画の鍋野ぺすです。

       

      ゲムマ2018春の新作はまた白箱で出します!

      ※なべのの白箱シリーズ:簡易コンポーネントで気軽に発表するのがコンセプト

       

       

      「ハネムーン ウィズアウト ア ゴースト」

      直訳すると「ゴーストのいないハネムーン」ですね。

       

      価格:今のところ 500円!

      人数:今のところ 3-6人!

      時間:15分

      年齢:8才〜

       

      心理クイズで連続正解を狙うのですが、ゴースト達が邪魔をします。

      ゴーストたちを振り切って幸せな旅に出るのが目的ですが、ゴーストたちが逆恨みパワーをためて勝利することもあります。

       

       

      デザイナーは、なんと「犯人は踊る  小説版」で本格小説を書いていただいた野上 次(のがみ つぎ)先生です。

      野上先生はなぜか打ち合わせのたびに新しいゲームルールを提案してくれます。

      前回の「サイレントパーティー」もそんな中で生まれて育てていった作品なのですが、この「ハネムーン ウィズアウト ア ゴースト」については最初からルールが面白く完成していて、ほとんど私が手を入れていません。ちょっと処理周りをいじってはいますが、監修という立場になっています。

       

      野上先生が提案してくれるゲームは「会話が盛り上がる」とか「ふんわりした雰囲気」とかが特徴ですね。

      このゲームもそんな感じの仲間でわいわい盛り上がれる系のゲームです。

       

      ・十年以内に生のラクダを見た。

      ・あんまり話していない自慢話がある。

      ・結婚するなら A:カッパ B:天狗

      こんな質問にみんなで答えながらゲームと会話をぜひ楽しんでください。

       

       

       

      角丸カードは盤上遊戯製作所さんのブランクカードに印刷し、

      手作りでつくっています。

       

      posted by: 鍋野企画 | 鍋野の白箱 | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

      ゲーム開発記録:サイレントパーティー(新作)

      0

        前回からめちゃくちゃ悩みました。

        テストプレイで他にもたくさんのアイデアが出てきまして、何だったら新しい方向のゲームまで生まれてきて、どうしたらいいのかわからなくなってました。

         

        で、ちょっと製作記録を見てたらもう答えが書いてありました。

         

        1月の投稿:

         改善案について野上先生とディスカッションしたところ、

         ・笑いではなくお題に対する出来の良さを競ってはどうか

         については「そこブレちゃだめでしょ」とのことでその通りだなあと思った次第。

         

        2月の投稿:

         これまでの私はこの段階で別のゲーム開発に移ったり

         寝かしておいたりするのがパターンでしたが、

         今回の裏目的は実は「パターンくずし」です。

         

        なのでずっと同じところをぐるぐる回っていたわけです…

        ということであと10日しかないですが、新作を作ります。

         

        タイトルは「サイレントパーティー」

        笑ったら負け、笑わせれば勝ち!超シンプルルールです。

         人数:3‐5人

         時間:15分

         年齢:12才〜

        500円か1000円かは悩んでいます。同じ形での再版はないと思います。

        気軽に遊んで、ぜひレビューをしてほしいです。

         

        製作のためにいろいろ注文しました。

         ・名刺印刷用紙

         ・段ボール箱

         ・シール用紙

         

        今後、簡易コンポーネントで気軽に出すゲームは、

        「鍋野の白箱」と呼んで作っていきたいと考えています。

         

         

        posted by: 鍋野企画 | 鍋野の白箱 | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

        ゲーム開発記録:上昇気流

        0

           

          「笑ったら負け」のゲームを4月1日開催のゲームマーケット大阪に向けて作っています。

          4月1日開催の…。

           

          前回までで出た課題は、

           ・「面白い」を評価しないようにする

           ・狙って笑わせるのはめちゃくちゃ難しい

           ・「思いつかない」はものすごいストレス

           

          導かれた答えは一つ!偶然できた言葉の組み合わせで「笑ったら負け」

          シンプルイズ・ベストー!!さっそくテストー!!

           

           

          ・・

          ・・・

           

           

          ・・

          ・・・

           

           

           

          …個人的にはめっちゃ面白いんですけど!!次はテストプレイで実力を測るよ!

           

          次回予告:

          私、鍋野ぺす!テストプレイで方向性が迷子になっちゃったの!

          アイデアは絞っているけどもうダメ!!

          次回、鍋野の無謀なゲムマ大阪までに新作ゲームづくり最終話「これ無理だわ」

          このままでは新作がドロップドロップ。

           

          posted by: 鍋野企画 | 鍋野の白箱 | 19:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - |