ケルベロスのルールについて

0

    ケルベロスのルールについて何点か質問をいただいたので記事にします。
    いろんなところで遊んでいただけているようで嬉しいです。

    追記
     ・ラウンドの勝者が次のスタートプレイヤーです。
     ・勝者が2名いる場合はプレイ順の早かった人が次のスタートプレイヤーです。

    よく聞かれるルール
     ・場に1、2、3がそろうと、すべて取り除き
      新たに1枚山札をめくって出します。
     ・誰かがカードをペアにして場札が0枚になったときも
      新たに1枚山札をめくって出します。
     ・ですので場には必ずカードが1枚以上あります。

     ・4ラウンド行い、ゲットしたチップの数字の総和が多い人が勝者です。

    まとめるとこんなところでしょうか。
    気になるところがあればTwitterでもこのブログでもよいのでご質問ください。

    よくもらう感想(ありがとうございます!)
     ポジティブめ
     ・超シンプル
     ・遊びやすい
     ・わかりやすい
     ・めっちゃ考える

     ネガティブめ
     ・勝ち方がわかりにくい
     ・ルールの適用ミスが起こりやすい(場が流れたら1枚追加とか)
     ・スリーブ入れたら箱に入らない
     ・キャラメル箱

    感想は超嬉しいです。
    全部に応えるのは難しいのですが、次の作品とか再版のときに
    必ず考える材料にしますのでガンガン言ってください。

    では!
    (文・鍋野ぺす)
    posted by: 鍋野企画 | ケルベロス | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

    新作、ケルベロスのルール紹介

    0



      楽しい地獄のカードゲーム
      ケルベロス


      年齢: 8才〜
      人数: 3〜5人
      時間: 20分
      内容: カード 60枚
          チップ 5枚
          説明書

      価格: 1000円

      ■どんなゲーム?
      つかうカードは1・2・3の三種類だけ!
      手札を場札とペアにすると得点になりますが、
      6点を超えると地獄行きで0点になります。
      6枚の手札が減っていくにつれてどんどん自由が奪われていきます。
      あなたの選択が隣のプレイヤーを絶叫に追い込むでしょう。

       
      ■ヘッジホッグジレンマとの関連
      ルールを見ていただくと「ヘッジホッグジレンマ」とかなり似ていると感じるのではないでしょうか。

      それもそのはずで、ケルベロスはヘッジホッグジレンマの開発中に偶然できたゲームなのです。

      「なんだこれ面白い」が第一印象でこれをヘッジホッグジレンマとして出そうかなとも考えたのですが、どうしてもヘッジホッグはバッティングゲームにしたかったので、一旦ケルベロスのアイデアを封印したのです。

      …が、次の日にはすでにケルベロスのイラストを発注していました。抑え切れませんでした。
      テーマも前から作りたかった「ケルベロス」がしっくりきたので一瞬でした。

      妻にゲムマまでに描ける?って言ったら怒られたので(進行ぎりぎり)
      妻のツテで鍋野企画としては初の外部イラストレーターさんにお願いしました。


      そんな感じでヘッジホッグジレンマの姉妹作となります「ケルベロス」
      1月開催の名古屋ボドゲフリマで初お目見えとなります、よろしくおねがいします。


      posted by: 鍋野企画 | ケルベロス | 11:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - |